インタビュー

home > インタビュー一覧 > インタビュー
  • 2012.12.20
  • 1日でこんなに初対面の人たちと仲良くなれるなんて。 早稲田大学 瞳ちゃん

  • プロフィール
    ニックネーム:瞳ちゃん、ひとみ
    熊本県出身。

    ---------------------------------------------------------------
    インタビューワー: ULVO 山本美樹
    山:山本美樹
    瞳:瞳ちゃん

    女性 フットサル

    はじめてのULVO


    瞳:最初は友達と一緒に行ったけどやっぱり緊張してた。 いつもは知ってる人同士でフットサルやってたから。

    ※瞳ちゃんが初めてULVOに参加をしたのは2013年11月に千葉県蘇我市で行ったフットサルイベントの時でした。その時の感想からインタビューはスタート。

    山:この前ULVOに初めて来てくれたんだもんね!本当に参加してくれてありがとう!あの時も普段はサークルやバイトの友達とフットサルやってますって言ってたもんね!瞳ちゃんはいつもはサークルで大会とかにも出てるの??

    瞳:大会も出たことあるし、個サルにも行ったことあるよ!

    山:私も個サルに参加したことあるんだけど男性ばかりで、しかも皆ガチで蹴りたい人ばっかだったから気まずかったな~^^;

    瞳:それわかる~!仲良くなれる雰囲気ないもんね。。

    山:そうそう!そうなんだよねー。ってことはULVOみたいに“まずはいい雰囲気を作ってからフットサルやりましょう!”っていうのは、瞳ちゃんにとっては新鮮だったのかな??

    瞳:そーだね!皆で最初に自己紹介して、色んなアイスブレイクのゲームをやって、っていうのを今まで経験したことがなかったらすごく楽しかった!!普通、大会とかだといきなり試合で他の人と喋れないでしょ?

    女性 フットサル
    ※11月の集合写真の1枚。この時も大学生から社会人まで色んな人が参加されました。ほとんど初対面同士だったのにも関わらず終わる頃にはすっかり旧知の仲のように☆

    山:よかったよかったー(^^)! ULVOが他と違うのはそこだからね\(^o^)/!
    フットサルをする時間も大事だけど、ULVOが大事にしてるのはフットサルを通して出会う人との出会いとかスポーツの楽しさを大切にしてるからね!
    どのイベントも最初の雰囲気作りにはすごい力入れてるよ!

    瞳:そうだよね!最初の一回目がすっごく楽しかったから、その後も大宮の練習会とかにも参加させてもらったんだよね!

    女性 フットサル
    ※初めて参加した12月の練習会の1コマ。女の子だけでフットサルをやってみたい初めてみたいという女性の方、ULVOのフットサルに行ってみたいという方はぜひ楽しい練習会へご参加を。

    山:そう!しかも練習会に初めて参加した時にはもうULVOのチームに入りたい!ってなってたんだよね!

    瞳:うん(^^)ユニフォームすごい可愛かったし!あれ友達に自慢できる可愛さだよ!

    山:わーい!ありがとーう!!あれもデザインがまとまるのに時間かかったんだーー。
    あのユニフォーム絶対似合うよ!

    瞳:そうかな??楽しみだな

    <そして、先日の1月5日に有明で行われたKELさんとのコラボ新春フットサルにて初披露。とってもお似合いです!>
    女性 フットサル


    サッカー・フットサルを始めたきっかけへ



    山:ところで瞳ちゃんはどうしてフットサルを始めたの?

    瞳:小学校までバスケをやっていて、中学はテニスをやって、高校で何やろうかなーってなった時に、すごい迷ってたんだけど、やっぱりチームスポーツをやりたいなあって思ったんだよね。
    それで高校で女子サッカー部を作ろうとして顧問の先生を探したりとかもしたんだけど、なかなかうまくいかなくて^^;

    山:へ~~!!じゃ地元の友達はサッカーをやってる女の子ってあまりいない感じだったんだ??

    瞳: そうだねー・・いなかったかな~!
    だから高校の放課後は、校庭の隅で友達を誘ってボール蹴ったりしてたんだよね。
    そうしたら地域のおばちゃんたちがそのことを知って、地元のおばちゃんたちが週1でやってたサッカーに誘ってくれたんだよね~

    山:へ~!面白いね~~!そんなきっかけもあるんだね~!それは女子チームだったの??

    瞳:そうそう。ナイターでやってたキッズサッカーのお母さんたちが集まって自分たちでやってたんだよね~。
    本当に遊びみたいな感じでやってた!

    山:そうなんだ!じゃあサッカーは遊び感覚ではじめたんだね!

    瞳:そう。それで大学に入ってサークルで週2回とかでやるようになったんだよね~

    山:でも、なんで高校で女子サッカー部がなかったのにそんなにサッカーがやりたかったの??



    女性 フットサル


    瞳:なんだろなあ・・弟がずっとサッカーやってたからそれに影響されたのかも!

    山:前にインタビュー答えてくれた女の子にもそういう子がいたよ!やっぱり兄弟がやってると影響されるのかな??

    瞳:そうかもしれない~!テレビとかでも結構サッカー見てたから。

    山:ワールドカップとか??

    瞳:うん。あとは海外サッカーをよくみてた!カカ選手が大好きで笑 
    中学生の時とかは学校帰ってきたらすぐスカパーをつけて観る!みたいなことしてた笑

    山:へええ~~!それは相当好きだね!笑
     
    瞳:海外サッカーのレベルがすごくて、すごいかっこいいなーって思って観てた!

    山:それじゃ中学生の時に海外サッカーのカカ選手がかっこいい!ってなって自分もやりたい!ってなったんだ^^!

    瞳:そんな感じかな!
    好きになる選手がミッドフィルダーの選手が多くて、ゲームを作る人とかチームの司令塔みたいな。
    シュートより最後にパスを出す人の方が好きだった!

    山:ナイスアシストしたかったんだ!笑

    瞳:そうそう笑 そのうちに休みの日とかは弟を公園に連れ出して教えてもらったりしてた笑

    山:弟がコーチだったんだね~!

    瞳:そうそう笑 姉が弟を連れ出してサッカーやるって感じだった笑

    話は11月の蘇我の時に戻って



    山:最初に瞳ちゃんが参加してくれた時、社会人の人もいたけれど、そういう人たちと一緒にフットサルやってみてどうだった??

    瞳:私、普段すごい人見知りなんだけど、フットサルをやってる時は素の自分が出せるから年上の人とも普通に話せたかな!

    山: フットサルって本当に年齢関係なくなるよね(^^)

    瞳:うん!素直に楽しめたよ!フットサルをするだけじゃなくて、フットサルを通してその人の考えとかが知れてすごく自分にとってプラスになったんだよね。

    山:すばらしい~~~!ULVOも最終的にみんなに持って帰ってもらいたいところはそこだからね!
    だから、ULVOにきてくれる女性は誰でもウェルカムなの!フットサルをできるできないとか本当に関係ないと思ってるからさ。

    瞳:あ、そっか!なんとなく友達誘うとき経験者の子にしか声かけてなかったわ~

    山:うん。全然フットサルをやったことなかった女性もいるんだけど、それでも毎回参加するうちに段々できるようになってるって人もいるからね!

    瞳:ULVOのフットサルはミニゲームはもちろんだけど、経験者も楽しめる本格的な練習メニューとかあるからいいよね!適度に勝負へのこだわりみたいなところも持てるし!
    そのバランスがすごくいいと思うんだよね!
    勝負へのこだわりがあるからチームでの団結力も高まるし、でもその中で楽しくやるっていうのでコミュニケーションがすごくとりやすくて仲良くなれるし!

    山:うんうん。なるほどね~~

    瞳:私はそのバランス感がすごい好きだな~~!仲良くなれるし、フットサルに燃えれるし笑

    山:そうだよね^^!

    瞳:勝ち負けがあるからこそチームの誰かがゴールを決めたら全力で喜べるし!

    女性 フットサル

    山:わかる!チーム全員で喜ぶときのあの感じ私もすごく好き!

    瞳:フットサルの話でずっと会話が成り立つから、本当に初対面の人とでもすぐ打ち解けられるんだよね~

    山:フットサルやってるときってそうだよね!しかも蘇我の時にはフットサルの後にカフェでそのままパーティーをやったでしょ??

    瞳:あれもすごく楽しかった!フットサルですごく仲もよくなってる状態からみんなで食事だったから、逆にそこではフットサル以外の話を聞けたりして。
    座ってゆっくり話す機会はフットサルだけだとないから、普段は何してるのかとかそういうこと話せたよね。

    山:よかったよかった!まさにそういう風にしたいんだよね!

    瞳:一日であれだけ初対面の人のこと深く知れる機会なんて中々ないと思うからすごくよかった!

    山:わーい(><)やっぱりせっかく一緒にフットサルしたんだからその人とはその後もずっと続く関係みたいなのを築いてほしいんだよね!だからそう言ってもらえて嬉しい!
    うん、本当に今日は沢山話を聞かせてくれてありがとう!とっても楽しかったし、ULVOのやってることが間違いないんだなって改めて思った!
    また話そうね!

    瞳:うん、こちらこそ!

    fin 2012.12.20 TOKYO

会員募集 ULVO公式facebook ULVO公式BLOG インタビュー